読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

knit.

乙な時間と、ときどき旅と。

【旅カメラ】コンパクト一眼 EOS kiss X7が旅の相棒に最適

f:id:knit-yn:20170325163838j:plain

旅人、特にバックパック一つで世界中を旅するバックパッカーにとって、荷物の軽量化は非常に重要なテーマだ。

スマートフォン内蔵カメラやコンパクトデジカメの性能の向上が著しい昨今だが、旅先で目にする美しい景色を記録する際にやはり画質には妥協したくない。

今回は旅の相棒に最適なコンパクト一眼レフ、CannonのEOS kiss X7の魅力を紹介していく。

 この記事の目次

EOS Kiss X7の魅力

世界最小・最軽量

f:id:knit-yn:20170325165936j:plain画像はCannonHPより引用

Kiss X7はAPS-Cサイズのセンサーを積んだデジタル一眼レフカメラにおいて世界最小だ。

同じCannonのEOS Kiss X6iと比較してもその小ささがわかる。

重さも370gと世界最軽量。

収納の際場所を取らず、ストラップで首から下げても全く重いと感じない。

これだけ小型化してもしっかりとしたグリップ感があり、安定したホールド性で構えることができる。

高感度・高画質

f:id:knit-yn:20170325171919j:plain

Kiss X7は常用ISO感度100~12800(拡張ISO25600)で、高感度に対応しているので、暗い場所でも手ぶれを抑えてクリアな撮影ができる。

明るい場所ではISO感度を下げることによって高解像のシャープな写真が撮影可能だ。

約1800万画素の大型CMOSセンサーを搭載しており、微妙な質感も目で見たままのような雰囲気で美しく表現してくれる。

また一眼レフの醍醐味ともいえる絶妙な背景のボケ味も楽しめる。

撮影が簡単

僕は写真撮影において全くの素人だが、Kiss X7に単焦点レンズをつけて適当に撮影するだけでそれなりに満足のいく写真を得ることができている。

シーンインテリジェントというモードが搭載されていて、カメラ自体が状況に合わせた最適な設定を自動で選んでくれる。

これによりISOとかF値って何?というような人でも美しい写真を撮影することができる。

また、オートフォーカスも優れており、タッチパネルになっている液晶の、ピントを合わせたい場所を触るだけでばっちりピントを合わせてくれる。

もちろん、撮影に慣れてきたらマニュアルモードでより自分のこだわりに合わせた設定ができるし、ファインダーを覗いて自分でフォーカスを合わせて撮影することが可能だ。

ハードな旅に耐えるタフなボディ

これは実際にKiss X7を連れて海外を数か国旅してきた僕の経験によるものだが、ちょっとやそっとじゃ故障しない丈夫さを持っている。

移動中はほとんどバックパックに裸で入れていたし、オーストラリアの砂浜に落としてじゃりじゃりになったり、マレーシアで暴風雨にさらされたりしたが、未だ現役で使うことができている。

もちろん防水仕様ではないし、大切に使うに越したことはないのだが、旅先で起こるちょっとしたトラブルには耐えることができるだろう。

 

kiss X7とkiss X7iの違い

f:id:knit-yn:20170325175538j:plain

可動式のバリアングル液晶がついたkiss X7iというモデルも出ている。

液晶を上に向けて低い位置から撮影したり、裏返して自撮りをしたりする際に非常に便利だ。

他にもx7よりも連射性能が優れていたり、オートフォーカスが優れていたり、動画撮影時にステレオ録音できたり、とX7より優れている点がいくつかある。

しかし、致命的な欠点がある。

値段が一万円ほど上がるのは仕方ないとして、重さがKiss X7の約1.5倍。

大きさもバリアングル液晶がついているため、コンパクトとは言い難い大きさに仕上がっている。

小ささと軽さこそがX7の最大の特徴なので、旅の相棒としてコンパクトなカメラを探しているのなら個人的にはX7をお勧めしたい。

レンズキットとダブルズームキットどっちがいいの?

f:id:knit-yn:20170325183912j:plain

kiss X7には標準ズームレンズがセットになったレンズキットと標準ズームレンズと望遠ズームレンズがセットになったダブルズームセットがお得な価格で販売されている。

しかし、個人的にはレンズセットではなく本体のみで購入することをお勧めしたい。

レンズセットでついてくるレンズは汎用性が高く、標準レンズをつけっぱなしで使用してしまう人が多い。

また、標準レンズで撮影した写真を見て、一眼ってこんなものかとがっかりする人も少なくないと思う。

Cannonは素晴らしい単焦点レンズを素晴らしい価格で販売しているので個人的には本体と単焦点レンズの組み合わせで、まずは一眼本来の画質を知ってほしい。

まとめ

f:id:knit-yn:20170325184144j:plain

 

カメラの世界は画質を求めればきりがないが、CannonのKiss X7は写真をただの思い出の記録ではなく、美しい作品として手軽にステップアップできるカメラだと思う。

コンパクトなボディは出かけるときにカメラを持ち歩くハードルを下げてくれる。

是非Kiss X7を連れて身軽な旅を。

美しい景色を美しく記録しよう。

 

 

 

 

旅を愛する全ての人に。

バックパックはカリマー。